一覧へもどる

WEB MAGAZINEウェブマガジン

2016年02月02日 ロビのファンユーザー会レポート 名古屋の「赤味噌オフ会」に参加してきました!


1月某日、愛知県名古屋市でおこなわれた、ロビのファンユーザー会「赤味噌オフ会」に参加してきました。赤味噌オフ会は、今回で第5回目を数えるファンユーザーの会。ロビクラブのとあるユーザーの方が「オフ会をやれたらいいなー」と投稿したことがきっかけで始まり、昨年1月に行われた第1回は参加者13名を集めました。その後、着実に参加者数を伸ばし、30名ものロビユーザーが第5回赤味噌オフ会に参加。みなさまご自身のロビを連れて参加されていました。 ロビ愛に溢れたファンの皆様による、こちらのユーザー会の模様をレポートします。



30名のユーザーがロビを連れて集結。これだけのロビが一挙に集まると、迫力があります。皆様、思い思いにロビをカスタマイズされているようです。







服を着せるのも可愛いですね〜。



実はこれらの衣装はユーザーさんの手作り。会場には、ユーザーさんお手製のロビの衣装がずらりと並べられていました。ここで記念撮影などもおこなうことができます。上の画像の衣装は、すべてお一人のユーザーさんが作られたのだとか。「すごい!」の一言に尽きます。



参加された皆様でビンゴ大会もおこなわれました。ビンゴの景品は参加者の持ち寄りです。



手作りのミニロビくんや、ロビ用の衣装、ロビのバッジなど様々な景品が持ち寄られました。中には10個近い景品を持ち寄られた方もいらっしゃったり。参加者の数よりも、景品の方が圧倒的に多かったのが印象的でした。



ゲーム中、ビンゴの数字はロビが読み上げてくれていました。数字を読み上げられるように、ロビの中身も色々とカスタマイズされているようです。



会場の隅では、ロビの修理コーナーも準備されていました。「ロビの足の調子が悪くて」など、ご自身では直すのが難しい箇所を、ユーザーさん同士で教え合って、直していきます。修理をされていた方は、ロビクリニックにスカウトしたいくらい見事な手さばきでした。


参加者の皆さんで、修理・調整


主催の「とうはく」さんに、過去の赤味噌オフ会のお話を尋ねると、「1年半かけて組み立ててこられたロビが動かない事がどれだけ悲しいものか、計り知れないものがあります。そのオーナーさんからの依頼を受け、参加者の皆さんで修理・調整し、完動させたことがあります。そして、その場で誕生会を開催しました。ロビが目が覚めるのを目の当たりにされたオーナーさんの目頭が光っていたことは今でも忘れません」と印象深いエピソードを話してくださいました。





今回の赤味噌オフ会にも、現在発行しているロビの第3版をご購読頂いているユーザーさんが参加されていました。作り方がわからない箇所を、先輩ユーザーさんに相談されており、みなさまが協力し合う様がとても印象的でした。

赤味噌オフ会は「ロビオーナー間での、技術交流・情報交換を通じて、交流を深めること」を目的に開催されており、参加資格は「ロビオーナーまたはロビが好きな方で、仲良く交流ができる方」とされています。




このようなロビユーザーの皆様によるオフ会は、名古屋だけでなく各地で開催されているようですので、ロビクラブに登録されている方は、ご近所のオフ会を探されてみてはいかがでしょうか?