投稿日時 2015/3/22 20:08:29

フォローする
雷禅さん
雷禅さん
  • ロビ

肘可動について簡単に説明
※画像は左上腕部パーツ
①穴Aを中心に穴Bから弧円状レール穴を作る
※肘パーツとAだけでネジ締め、可動範囲を確認し、Bを肘パーツ裏からネジを締めてネジ先端で筋傷付け、ネジがM2なので幅2mmでドリル、ヤスリでレール状に穴空け
※ネジがサラ頭だから挿入側をテーパー(すり鉢)状に
②配線穴を拡張
③この穴はネジ締めない
④ネジAが支点で可動
※ネジ締め過ぎると動かんw

あくまで交換パーツがあり、恐れずに勢いで加工したので参考までに…

コメントするにはログインして下さい

投稿日時 2015/3/23 00:27:11

稲川さん
  • ロビ

配線の開口も拡げていたんですねー
なるほどです!