投稿日時 2018/6/19 12:50:24

フォローする
クラフト親父さん
クラフト親父さん
  • ロビ

  • ロビ2

0号から偶数号の表紙にQ-boのドットコードが印刷されています。
52号のドットコードをスキャナーで読んで解析したものです。
49号の解説に照らし合わせるとどんなコードが印刷されているか分かります。
今回はひとつは簡単に分かったのですがもうひとつ見つけるのに苦労しました。

タグ

コメントするにはログインして下さい

投稿日時 2018/6/20 09:16:41

クラフト親父さん
  • ロビ

  • ロビ2

銀河☆さん、結構おもしろいですよ。
キードット(赤)を見つけるのはちょっとコツが要りますがそれさえ分かれば5×5のマスの中のドットの位置でコードが分かります。
区切り方はマスの位置で決まっていますので割と簡単に判別できます。
またQ-boの場合、7-14桁は同じ数字のようです。

投稿日時 2018/6/20 09:10:52

クラフト親父さん
  • ロビ

  • ロビ2

かなたんさん、Q-boは単独でも動くので先に組み立ててもいいかも知れません。

投稿日時 2018/6/20 09:09:33

クラフト親父さん
  • ロビ

  • ロビ2

cube miniさん、ワタシはフラットベッドのスキャナーで500DPIカラーで読み込んでPhotoshopで白黒化しています。
読込むドットスキャナーの部分ですが白以外だと印刷のインクが邪魔してドットコードがうまく抽出できませんのでなるべく白い部分を読込んでください。

投稿日時 2018/6/20 07:51:46

銀河☆さん
  • ロビ

  • ロビ

  • ロビ3

  • ロビ2

おもしろそうですね。
私も研究してみたくなりました。

投稿日時 2018/6/19 21:06:04

かなたんさん
  • ロビ

  • ロビ

  • ロビ3

  • ロビ2

うちも早く組み立てて読み込み出来るようにしないとww。

投稿日時 2018/6/19 13:06:03

cube miniさん
  • ロビ

  • ロビ2

これはどうやって、読み込めば良いんですか?🤨