投稿日時 2018/5/31 17:48:57

フォローする
クラフト親父さん
クラフト親父さん
  • ロビ

  • ロビ2

FlashAirはプログラムを裏で動かす事ができます。
そのプログラムでロビの占いとラッキーカラーの音声ファイルを裏で変更しています。
今回は一応Q-boの上半身を付けてみました。(テープの仮止めです)
今回は無線通信を行っていませんが乾電池二本でパソコンに接続してQ-boも動かす事ができます。
オマケでショウ君に例の本を読んでもらいました。

タグ

コメントするにはログインして下さい

投稿日時 2018/6/1 07:39:24

クラフト親父さん
  • ロビ

  • ロビ2

とうはくさん、MP3MP以外の音源は3に変換する必要がありますがワタシはVideoLANというフリーソフトを使っています。
Q-boのココロには例によって関係ないものも入っていそうなので配布されるドットコードの分だけでよさそうです。

投稿日時 2018/6/1 06:14:39

とうはくさん
  • ロビ

  • ロビ

  • ロビ3

  • ロビ2

 音声ファイルを工夫するのは比較的容易に出来そうですね。ただ全部を入れ替えるのは至難の業ですが💦
 それにしても、リモートでトリガーを掛けられればもっと拡張性が広がりますねぇ。

投稿日時 2018/5/31 21:32:28

クラフト親父さん
  • ロビ

  • ロビ2

cube miniさん、ロビ2が乗るあの乗り物ですね。
ちゃんと名前を言っていますね。

投稿日時 2018/5/31 21:28:48

cube miniさん
  • ロビ

  • ロビ2

んー、私は何も出来ないのですが、音声ファイルを読み込んで見ると謎の物体が登場するので楽しみが増えますね。

投稿日時 2018/5/31 20:45:03

クラフト親父さん
  • ロビ

  • ロビ2

cube miniさん、今の所、音声ファイルを変えるくらいしかいじれないのですが、FlashAirが使える事でできる事が増えました。
電池二本じゃFlashAirはちょっと無理かと思っていましたが大丈夫なようです。
ただし電池の減りは早いです。

投稿日時 2018/5/31 20:26:24

cube miniさん
  • ロビ

  • ロビ2

なんかもう、面白い事になっていますね。😁