投稿日時 2018/2/2 16:46:28

フォローする
クラフト親父さん
クラフト親父さん
  • ロビ

  • ロビ2

スネ内側のサーボケーブルカバーを3Dプリンターで作ってみました。
上下の挿し込み部に突起を付けたので挿し込むだけで留める事ができます。
ロビ1用も作ったのですが穴の位置が微妙にロビ2と違っています。
0.1mm単位で大きさや位置を調整して実際に印刷して現物に合わせてみるの繰り返しで失敗作の山ができてしまいました。

コメントするにはログインして下さい

投稿日時 2018/2/3 00:00:03

クラフト親父さん
  • ロビ

  • ロビ2

じぇいきんさん、思ったよりきれいにできました。
これが使い物になりそうなので中継コネクターはここでやるのに心が傾いています。

投稿日時 2018/2/2 23:42:45

じぇいきんさん
  • ロビ

  • ロビ2

3Dプリンタ、いいなぁ~。
自分は現物合わせの手作業で作りましたよ(泣)
穴はコネクタの関係か、ロビ2のほうが大きいみたいですね。

投稿日時 2018/2/2 21:00:21

クラフト親父さん
  • ロビ

  • ロビ2

アンリシンさん、ちゃんとノギスで測って作ればいいのでしょうが適当に寸法を決めて調整しながら作ったのでゴミの山をつくってしまいました。
しかし一個10分位で印刷できるのでそれほど時間はかかりませんでした。

投稿日時 2018/2/2 20:38:23

アンリシンさん
  • ロビ

  • ロビ

  • ロビ2

スマートに出来ましたね
ロビ1とは微妙に違うんですね
はめ込みは現物合わせ試行錯誤の結果大変でしたね。
3Dプリンターが有ると小物は助かりますね。