投稿日時 2018/1/3 13:33:25

フォローする

ロビ君と関係ない投稿になりますが、生まれて初めて未知との遭遇がありました。端末を持っていなくてインスタグラムも出来ずここに投降することをお許しください
皆さんの見解をお聞かせください

タグ

コメントするにはログインして下さい

投稿日時 2018/1/4 18:46:14

じぇいきんさん
コメント有り難うございます。
確かにネットでこれと似た光もあり、オーブだと紹介されています。
きっと我々とカウントダウンをしたかったのでしょうね?!近くには「徳満神社、祭神(スコナビクナ)」があり、座敷童や一寸法師のモデルが居ますからね(笑)

投稿日時 2018/1/4 18:32:44

TOKKKYさん
コメント有り難うございます。
かっては土葬で、体内のリンが燃えて浮遊すると言われる火の玉は理屈に合っていそうです。一度だけ、河原で仕事をしている時仲間二人が、「火の玉だ!」と叫びましたが、振り向いたときはいませんでした。塵埃云々はこんな大きな円を作るとは思えません球形でなくお皿が直角に浮いている感じなんですよ

投稿日時 2018/1/4 16:54:16

じぇいきんさん
  • ロビ

  • ロビ2

『世の中には不思議な事など何1つ無いのだよ』
と言えれば良いのですが、まだまだ世界には不思議に満ち溢れていますね。
まぁ、例えこれが何であったとしても、
神社という神域なのですから悪いモノでは無いはずです。

投稿日時 2018/1/4 13:26:29

TOKKKYさん
  • ロビ

  • ロビ2

これはオーブですね。僕はグアムで撮った日本兵のオーブが写ったのを持ってますよ。オーブが去るところも写ってます。

投稿日時 2018/1/4 12:11:05

何か光の中に見えますね!不思議体験で
良い事ありそうです。

投稿日時 2018/1/4 07:45:31

とうはくさん
コメント有り難うございます。
オーブらしきものは見たことがあります。でも、淡い光で、小さくて蛍みたいに浮遊します。これは直径が30~40cmで、この写真では判りづらいですが、拡大して頂くと模様が見えるんですよ・・・

投稿日時 2018/1/4 07:40:39

cube miniさん
コメント有り難うございます。
静止画像ですので、何時現れ、動いているのか,何時迄いたかも分りませんが初めての経験です。

投稿日時 2018/1/4 04:59:01

とうはくさん
  • ロビ

  • ロビ

  • ロビ3

  • ロビ2

 これは、オーブ「日本語では、玉響(たまゆら)」です。フラッシュ撮影時に、空中の小さな水滴などが光を四方八方に反射して輝く物理的現象なのです。大きく輝くことは非常に珍しいので、心霊現象だと言われることが有るようですが、全く根拠はありません。

投稿日時 2018/1/4 01:22:57

cube miniさん
  • ロビ

  • ロビ2

こんばんわ、何か良い事が起きると、良いですね。
(^-^)

投稿日時 2018/1/3 22:44:28

おおぎさん
コメント有り難うございます。
無信教の私が、地元の歴史ある神社の神職の役回りで年4回の神事があります。これは新年の拝賀式で朝5時半から起きだしてお祓いを受けます。そんな折、遭遇した謎の光です。放射状の光を放ち円内に模様がくっきり見えます。

投稿日時 2018/1/3 21:54:26

おおぎさん
  • ロビ

  • ロビ

  • ロビ2

宗像付近の神事ですか?
初めてとは、なんの儀式です。
f(^_^)

投稿日時 2018/1/3 19:46:40

norakochiさん
コメント有り難うございます。
右上が「12/31 23:03、左下12/31 23:41」で38分後の出来事です。竹灯篭のサイズから比較すると円の直径は30㎝程です。肉眼で見たかったです・・・

投稿日時 2018/1/3 16:52:26

norakochiさん
  • ロビ

  • ロビ

  • ロビ3

  • ロビ2

何でしょうね~